沿革

1905年(明治38年) 初代 松本 松之助が大阪市住吉区苅田7丁目において家曳業の
松本組を創業する。

初代 松本 松之助
1945年(昭和20年) 2代目 松本 茂造が大工業を営み、地元の修繕工事を手掛ける。
1960年(昭和35年) 3代目 松本 英彰が松本組の代表者となる。
1970年(昭和45年) 資本金500万円にて株式会社 松本組を設立。
1973年(昭和48年) 株式会社 松本組の資本金を1,000万円に増資。
1976年(昭和51年) 設計部門を独立し、株式会社 住友建築設計事務所を設立。
1977年(昭和52年) 宅地開発拡大のため、株式会社 マツエハウスを設立。
1978年(昭和53年) 株式会社 松本組の資本金を3,000万円に増資。
1979年(昭和54年) 建設用仮設資材を管理する株式会社 松本リースを設立。
1980年(昭和55年) 株式会社 松本組の資本金を6,000万円に増資。
1982年(昭和57年) 株式会社 松本組の資本金を8,000万円に増資。
1983年(昭和58年) 土木部門を独立運営するため、株式会社 住友土木を設立。
1989年(平成元年) 株式会社 マツエハウスを株式会社 松本ホームサービスに商号変更。
1998年(平成10年) リフォーム部門の株式会社 松本リフォームを設立。
2003年(平成15年) 法人設立30周年を迎える。
2003年(平成15年) 分譲マンション部門を独立運営するためにエムズ都市開発 株式会社を設立。
株式会社 松本リフォームを株式会社 松本空間工房に商号変更。
2005年(平成17年) 創業100周年を迎える。
2008年(平成20年) マンション管理部門の株式会社 松本組建物管理を設立。
2009年(平成21年) 株式会社 松本ホームサービス解散のち、株式会社 松本空間工房 不動産仲介事業課へ。
2011年(平成23年) 4代目 松本吉規が松本組の代表者となる。
2012年(平成24年) 株式会社 松本組建物管理解散のち、株式会社 松本空間工房 不動産管理事業課へ。
2015年(平成27年) 創業110周年、法人設立45周年を迎える。